経営者層研修:管理職が育つ組織風土の創り方

自社において、なかなか次の幹部候補となる管理職やその下の次世代層人材が育っていないという企業様の為の研修です。順調に幹部候補や管理職が育つ組織と苦戦している組織の違いとは何か?を現状の自社状況と照らしていただくことで課題点を導きだし、仕組みとして改善策を立案、実践していくためのノウハウを学んでいただきます。本研修の内容は、実際に弊社代表自身が実務での実践を繰り返し、管理職が次々に育つ組織を創ってきた成功プロセスを体系化したものがベースとなっています。

組織営業総研研修の受講対象者

 経営者および経営幹部層

管理職が育つ組織風土の創り方
◆管理職が育ちにくい組織に共通する3つの不足を知る
 ・管理職としての正しいあり方理解の不足とは
 ・人材育成ノウハウで本当に不足していることとは
 ・PDCAスキルの不足がもたらす組織の問題
◆自社に不足している要素を改善していく具体的ノウハウ理解と実践
 ・【実践ワーク】社内における管理職のあり方の再定義
 ・【実践ワーク】人材育成ノウハウの不足ポイントの洗い出しと対策
 ・経営層と現場のギャップを埋める為の仕掛け
 ・PDCAを身に付けさせる報連相と上司が観るべきポイント
◆管理職を育成する上で上司(経営層)がすべきこととは
 ・管理職にとっての時間(工数)認識を正しく握るために
 ・育成につながる上司(経営層)と管理職の関わり方
 ・魅力ある人づくりは、組織風土改革から始める

詳細内容へのご質問や社内研修向けのカスタマイズご相談などはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム