人材育成に悩む現場管理職に知ってほしい【育てる技術】

人材育成強化

人材育成における現場の課題

解決すべきものとしてこの課題を抱えている企業は少なくないのではないでしょうか。

そして、この課題に関する会話でよく出てくるのが

「今どきの若者が理解できない」
「若い世代が指示待ちで自ら動けない」

などといったフレーズであり、どちらかという【育成される側】に問題点を置きがちですが、果たして本当にこの課題の主な問題・原因は【育成される側】にあるのでしょうか? 確かに全くそうでは無いとは言えませんが、多くの場合、まず克服すべき課題は【育成する側】にあります。

何故なら、新卒も含め企業側が若い人材を採用する時は多くの場合、即戦力とは考えず、今後、育成していくことで次世代を担ってもらう期待を込めて採用をしているはずです。
つまり採用する企業としては、入り口では【育成する】つもりなのです。

しかし、いざ育成にとりかかると「考えている事が理解できない」「教えても自ら動けない」といった壁に遭遇し、効果的な打ち手もなく【育成される側】に原因を求めてしまっている。というのが実情ではないでしょうか。

そもそも、入社後の早い段階から自ら動けて即戦力になってくれるような人材を採用するという事がどれほど難易度の高い事かは、想像するまでもないレベルの話です。
そのようなマッチング率が低く難易度の高い人材採用活動に懸けるより、現状の自社採用基準で採用した人材であれば育成していけるノウハウとそれを実行に移せる管理職やリーダーを抱えている方が、人材戦略の可能性は広がるはずです。

人材育成における現場の課題

一方【育成する側】である現場マネージャーは、営業スキルなどの「仕事のやり方」ではなく、このような指導、接し方をすれば人は育つという「育成スキル」を教わってきたのでしょうか?

おそらく多くの現場の答えが「NO」でしょう。
しかし、こんな声も聞こえてきます。
「自分達は、そういう中で成長してきたし、自分たちも下をそうやって育ててきたんだ」
確かにそうだと思います。かく言う私自身も、体系立てた育成スキルをもって指導を受けてきた記憶は薄く、仕事のやり方を教わる中で、いろいろなことを身につけてきました。

しかし、これまでの現場で主流だった「仕事のやり方を指導する過程における副産物として人が育つ」ような手法では、今は不十分であり、だからこそ多くの企業がこの課題を解決しきれずにいるのです。

—————————————–

これからの若手を育成し、戦力化していく為には、指導する側が体系立てた【育てる技術】を習得し、日常的な「仕事のやり方」の指導に組み込みながら、育成対象にあわせた指導を実践していく必要があります。

組織営業総研では、若い人材を戦力化していくプロセスを3つのStepに分解し、日常の育成現場で使える【育てる技術】として指導をさせて頂きます。

人材を育成する3つのステップ

これらは、どこかで聞いた事があるフレームワークや理論の話ではなく、実際の現場で結果を出してきた「手法」を体系化したものです。かつての皆さんがそうであったように、若い世代も適切な育成環境の中で磨かれれば、一歩一歩成長しながら、きっと組織の大事な財産へと成長するはずです。

人材のポテンシャルを、従来以上に発揮させる仕掛けで業績向上を支援いたします。

メディア掲載された人材育成関連の記事などはコチラ

メディア掲載実績

お問い合わせ、ご質問などはお気軽に下記フォームよりご連絡ください。