成果実績多数!実践型管理職・マネージャー育成プログラム

管理職研修:管理職がおさえるべき3つの鍵管理職がおさえるべき3つの鍵「正しいあり方の理解」「人材育成スキル」「PDCAスキル」

それぞれの要素はもう少し分解してみると以下の様な内容が含まれますが、管理職にたいして経営層がもっと伸びてほしいと日頃から感じているポイントはほとんどがどれかに該当するのではないでしょうか。

管理職に求められる3要素。「正しいあり方の理解」・自分が任される組織に対する責任と当事者意識・自分に求められる役割の理解と実践・結節点として全社の方針を現場に浸透、理解させる・自立能動性の高い行動で組織の手本となる「人材育成スキル」・期待に応えられる人材へと部下を指導育成できる・後に続く次世代人材を組織の中から見出し、育成できる・人が育ち活躍できる風土を創り上げることができる「PDCAスキル」・全体戦略からの現場戦術を立案できる・施策達成への適切プロセスを抽出し、目標設定できる・施策を最大限の成果に繋げる管理遂行力と修正力
この管理職に必要な3つの鍵「正しいあり方の理解」「人材育成スキル」「PDCAスキル」を以下の様なポイントに分けて指導することで自分に足りない部分を洗い出しながら、所属する組織の中で求められる現場管理職像に対する正しい理解の促進・上書きを進め、あるべきアクションを実践できるようになっていただきます。

管理職研修「管理職がおさえるべき3つの鍵」
【KeyNo.1:正しいあり方の理解】

  • 管理職として求められることを知る
  • 上司と先輩の違いを生む正しいあり方
  • 役割としての必要十分なアクションの実践
  • 物事を部下に浸透させる上司の伝える技術
  • 成果を左右する時間管理術
【KeyNo.2:人材育成スキル】

  • これまでの人材育成の決定的な不足要素
  • 人材の氷山化思考が部下の見え方を変える
  • 部下の可能性を引き出すツールの活用
  • 現場における人材育成戦略の立て方
  • 部下の何を育成するのか
【KeyNo.3:PDCAスキル】

  • 成果までのプロセスを抑える施策立案術
  • 成功事例の再現と課題分析の実践
  • 施策成功率を上げる施策管理術
  • 行動の徹底力を浸透させる秘訣

 

これらは、3つのKeyの特定カテゴリーだけであったり、セミナー研修形式や中長期に渡る腰を据えたコンサルティング指導などご希望の形態での実施に対応可能です。指導お問い合わせ、ご質問などはお気軽に下記フォームよりご連絡ください。