コラム:育成に繋がる信頼関係構築の為に

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

 
日経ビジネスオンラインで数多くのトップスイマーを育成してきた名コーチ平井氏の連載が始まりました。若手の育成のヒントになる示唆に富んだ非常に面白い内容なので、まだご覧になっていない方はぜひ一読をオススメします。

日経ビジネスオンライン
「世界で勝てる人」を育てる~平井伯昌の流儀

当社が日経BP社セミナーで開催している「育てる技術」養成講座でも、平井氏が推奨されているポイントと同様の「部下との信頼関係の構築」「信頼関係を構築するために部下を観ることの重要性」「能動型ビジネスマンへ進化させる方法」を具体的な手法を交えて講義しておりますが、今回の記事の最後に書かれたまとめにあるように「成果を焦らず上司が我慢して、部下に自分で考え、行動する習慣をつけさせる」「部下をしっかり観て、それぞれに必要なアドバイスを常に考える」「部下の成長余地に常に関心を持ち続ける」という上司のスタンスは今の若い世代を育成する上では不可欠な要素です。

ただ、頭ではわかっているけれど
「どうすれば自分で考えるように促せるのか」
「どうすれば部下を観ていると言えるのか」
「どうか関われば部下の余地を見いだせるのか」
といった一歩現場実践に踏み込んだ具体的アプローチがピンと来ないという声も少なくありません。

部下を「観る」について、少しヒントを書きますとキーワードは「違い」です。

1つは部下自身の違いで、これは「変化」と表現したほうがわかりやすいでしょう。「表情、雰囲気、発言、行動」が以前と違っていないかです。以前と変わっているということは、そこには何かしらの理由が存在します。まず違いという変化に気づけるかと、本人とその理由についての会話ができるか。これができればおそらく経験を積んだ上司の皆さんは次にかける言葉や指示が自ずと思い浮かぶはずです。気づけたら、ぜひ声をかけてコミュニケーションを仕掛けるようにしていきましょう。

もう1つの違いは上司が経験上想定する行動と部下が実際に行っていることに違いがないかです。上司の経験から想定する「とるべき行動」を部下ができていないなら、そこには皆さんとは違う判断軸や思考が存在する可能性が高く、まずはどうしてそういった行動に至っているのかを質問してみるのが良いでしょう。そうすれば、指導アドバイスの方向が観えてくるはずです。大事なのはここで「どうして、●●しないのか!」叱責するのではなく、まず部下の思考を理解して、それを踏まえて必要なアドバイスを授けるということです。

いかがでしょうか、これだけを継続的に実践するだけでも随分変わるはずです。

もし、ヒントをご紹介した「違い」に限らず、今回のコラムに共感を覚えつつも具体的な取組み方がなかなかピンとこないという方はぜひ一度ご相談ください。代表の御供田が実際に現場マネジメントで実践していた具体的なアプローチ方法や簡単に取り組みやすくする便利ツールなどの活用で、皆様の組織における若手育成のお手伝いをいたします。

 【組織営業総研】 代 表:御 供 田 省 吾
組織営業総研 代表 御供田省吾 営業力強化 人材育成コンサルタント 管理職育成、営業力強化、人材育成コンサルタント。 元(株)キーエンス エリア営業責任者~HOME'S営業Unit長。延べ数百名をマネジメントしてきた豊富な現場経験を元にしたノウハウで経営者と管理職、若手の気持ちがわかるコンサルタントとして企業を支援中。詳細はコチラ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア