コンサルティングの流れ

コンサルティングフロー

【1】 現状課題発生要因の分析
コンサルティングの流れ 関係する担当者へのヒアリングを中心に、必要に応じて分析ツールなども活用しながら、ご相談頂く課題の発生要因を分析します。
改善したい課題が似通っていても、要因はいつも同じとは限らないため、最善の手法を決定するためにも課題の発生要因を正しく把握することから始めることが重要です。
【2】 改善・解決策を決定
コンサルティングの流れ ヒアリング分析から特定(推定)された要因に対応する改善策を、弊社の実践ノウハウの中より選定し、組織の状況や事情と照らし合わせた上で、最終的な改善・解決策を決定します。
【3】 「仕組み」化と運用法の決定
コンサルティングの流れ 決定した改善・解決策を、組織の状況や事情と照らし合わせた上で、仕組みに落とし込み、その運用方法を決定します。仕組化することで、今後、社内ノウハウへと定着させていく基礎を構築します。
【4】 運用、定着化指導
定期的な指導訪問で運用状況に対してOJTを実践しつつ、現場運営開始後に発生する修正点や新たな課題への対応を行います。

 
実績例

会社概要へ

TOPへ戻る