コラム:部下に仕事を任せないが意味すること

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

 
先日もとある管理職の方と話をしていると「すべきとはわかっているが、部下に仕事を任せられていない」という定番の話題で話し込むという事がありました。「ちょっと厳しい言い方ですが、結局、ご自身が部下を信頼されてないからじゃないですか?」と問うとそれに対しては割と明確にNoという回答が来るのですが、「では、どうして任せられないのか?」という改めての質問には非常に歯切れが悪いのです。ただ、これはよくある私と管理職者のやりとり光景でもあるのです。以前、コラム:部下に仕事任せるコツ<⇒LINK>ということでコラムを書きましたが、部下に仕事を任せられない上司というのはなかなか減らないと言いますか、依然として管理職の抱える課題の上位にランキングしていますね。

結果的に、管理職研修や管理職指導コンサルをしていると「どうして、部下に仕事を任せることが出来ない上司がいるのか?」「いかに部下に仕事を任せるか?」というテーマを扱う事が多いのですが、最近、管理職向け研修やコンサル先でよく話をして、受け手の管理職者にガツンと響いているのが、

部下がなかなかうまく育たないと嘆いているかもしれませんが、「部下に仕事を任せない(任せられていない)」ということが意味するのは、上司が部下の成長機会を奪っていることと同義だという認識を持たなくてはならないですよ。

という話しです。
管理職の現職や経験者で、私のこの指摘に異を唱える人はまずいないと思います。でも、日々の忙しい中ではなかなかこの【「部下に仕事を任せない(任せられていない)」ということが意味するのは、上司が部下の成長機会を奪っていることと同義】ということは意識できないことも実情なのだと思います。

それでも「上司として部下に仕事を任せること」に着手すべきなのは、仕事を任せない悪循環サイクルを打破することが重要だからです。こちらの図をご覧ください。

仕事を任せらないの悪循環サイクル

※組織営業総研 管理職育成研修資料より抜粋

どうでしょうか。この図を観て頂ければ「管理職の抱える主要な課題」がいくつも入っていることがお分かり頂けると思います。つまり「管理職の抱える主要な課題」というのは実は密接に関わりあっており、そのいずれかに改善のメスをいれることは、連動して「管理職の抱える主要な課題」全てに繋がる改善行動になってくるのです。サイクル状の相関関係性なので「ニワトリが先か?卵が先か?」と同じでどれが発端要因ではないだけに「管理職の抱える主要な課題」への着手は「部下に仕事を任せる事」からに拘らず、どこから手を付けても良いでしょう。そこは、みなさんがそれぞれ置かれている現状によって取り組みやすいポイントがきっとあるはずです。大事なことは「わかってはいるのだけれど」という言葉を封印し、まずは改善の一手に着手することです。

コラム:部下に仕事を任せるコツ 詳細はコチラ⇒

 【組織営業総研】 代 表:御 供 田 省 吾
組織営業総研 代表 御供田省吾 営業力強化 人材育成コンサルタント 管理職育成、営業力強化、人材育成コンサルタント。 元(株)キーエンス エリア営業責任者~HOME'S営業Unit長。延べ数百名をマネジメントしてきた豊富な現場経験を元にしたノウハウで経営者と管理職、若手の気持ちがわかるコンサルタントとして企業を支援中。詳細はコチラ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア