コラム:人材育成は苦手という上司が減らない理由

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

 
気が付けば、3月も残すところ1週間。早すぎますね・・・・

4月は多くの企業で新入社員を迎える節目の時期です。今は、通年採用の議論もあるのでいずれそういう企業様も増えてくるのでしょうが、これまでの習慣を考えると日本では4月が新人を迎えるピーク時期であるということは変わらないのでしょう。新入社員たちは、未体験の新しい生活、世界にドキドキ、ワクワクしながら4月1日を迎えるのでしょうが、受け入れる側の組織の先輩、上司もまた新しい仲間を迎えるワクワクしつつも、多くの上司は大事な新入社員をしっかりと育成しなくてはいけないという役割と責任に不安や心配を覚えているようです。

コンサルティング先やセミナー受講者である経営者や管理職の方と話をしていると「人材育成はどうも苦手で・・・・」という声が後を絶ちません。「人材育成は難しいですよ」という意見もあるのですが、しっかりと取り組んでこられた経験から実感を持って「難しさ」「奥深さ」を知り、それを踏まえて「難しい」とおっしゃる方と、人材育成に成功体験が乏しく「難しいから避けたい、私には無理です」というニュアンスで「難しい」という表現をされる方に分かれます。

上司という立場になれば多くの人が「人材育成」に携わらなくてはいけない立場となりますが、いつまでも「苦手、難しい」仕事という印象や実感が現場の声として無くならないのは何故なのか?
他の仕事に比べて、人材育成はすぐに成果が見えにくいので、ついつい優先度として後送りになってしまい、結果、成功体験を積んでこれていないというのは1つの原因としてはあげられるでしょう。でも、人材育成が上司の役割として重要であることに意義を唱える人は少ないはずです。それにもかかわらず、なかなか着手し、時間と情熱を注ぎきれないのは何故か?
それは、実は具体的な方法がはっきりとわからなくて、成功に導くイメージが非常に乏しいからというのが大きな要因になっているようです。

典型的な例を上げれば、人材育成を進める上で部下を褒める方が良いという事は誰しもが知っています。ところが、部下を持つ人に褒めることの重要性についての同意を得た後に、「で、最近は部下をいつ褒めましたか?」「日頃、どういうふうに部下を褒めていますか?」と質問を続けたときに、テンポよく歯切れの良い答えが返ってくることは極めて少ないのです。そこで「褒めることの重要性を認識されているのに、日頃、部下に対してそれを十分に実践できていないのは何故ですか?」と質問すると、「いざとなると、どうやって褒めれば良いかがわからない」「何を褒めれば良いかがわからない」という答えが圧倒的に多いのです。今、このコラムを読んで頂いている部下を持つ上司の方は、自問自答してみて頂いてどうすか?きっと同じような答えになる人は少なくないでしょう。
これは、必要な時に正しく叱る事、部下に適切に仕事を振り分けていくこと、計画的な人材育成を進める事なども同じような状況です。

つまり、理屈、原理原則はわかっているけれど、それを自分の職場で実践するためのより具体的な方法がわからないという状態で、これこそが上司がついつい人材育成を後送りにしてしまう大きな原因なのです。反面、上司自身がこれまでやってきた職種特有の業務、例えば営業やエンジニアとしての仕事などは、うまいやり方も勝手も十分わかっているので、少々忙しくても取り組めるはずです。つまり、自分がすべき事のイメージが自分の実務とリンクしていることはちゃんと取り組めるのです。

できない理由は、できる理由です(こちらはまたこのコラムをご覧ください!)

「上司自身が、実務とリンクした具体的な方法がわからないから人材育成への苦手意識がある」のであれば、「それぞれの実務内でも実践できるレベルまで落とし込んだ人材育成ノウハウを手に入れることが出来れば、人材育成に苦手意識を持つ上司が減る」もしくは「今までの苦手意識が軽減される」という図式が1つ成り立つはずです。そんな現場のジレンマをよく知っているので、私はここでコラムを書く時に、ありがちな日常シーンを例に上げつつ、なるべく事細かな内容までを書くようにさせて頂いてます。先ほど例に上げた「褒める」については、よろしければこちらのコラムをご覧ください。きっと、今までよりも「褒める」を実務内で実践に対するイメージが具体化してもらえるはずです。

私は、部下を持つ方によく言うのですが、上司として必要なノウハウを学んでいる時は必ず自分の実務で実践している情景をリアルに想像し、それがイメージできない時は、できるようになるまで教えてもらうようにすべきです。本を読んでいる時は筆者に質問などできませんが、セミナーや誰かに対面で教えてもらえている時はその質問もできるはずです。大事にすべきは、理屈、原理原則の理解で満足せず、自分が実践できるイメージを獲得することだと考えていけば、学び方も変わるはずです。

もし、このコラムに共感いただけて、もっと自分の実務とリンクできる人材育成ノウハウを手に入れたいとお考えの方は、是非、2016年4月開催のこちらの日経BP主催セミナーへお越しください。私が実際に延べ数百名の20代~30代の部下をマネジメントしてきた経験の中で、成功してきた手法から体系化したノウハウをたくさん準備してお待ちしております。

受講者満足度平均4.9点(5点満点)の人気気講座です ↓

タイトル

 【組織営業総研】 代 表:御 供 田 省 吾
組織営業総研 代表 御供田省吾 営業力強化 人材育成コンサルタント 管理職育成、営業力強化、人材育成コンサルタント。 元(株)キーエンス エリア営業責任者~HOME'S営業Unit長。延べ数百名をマネジメントしてきた豊富な現場経験を元にしたノウハウで経営者と管理職、若手の気持ちがわかるコンサルタントとして企業を支援中。詳細はコチラ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア